「知」の集積と活用の場®

大麦農食連携研究開発プラットフォームは、おいしく機能性の高い「大麦」を活用するための研究・開発に携わる方々の、交流の場として立ち上げられたプラットフォームです。
(農林水産省産学官連携協議会登録PF)

研究会テーマ

大麦の栽培普及から製品化・販売に至るまでを一貫して研究開発しています。

開発例
大麦リキッドを活用した
機能性高齢者食・災害食の開発

大麦リキッド(特許第6251433号)は、やわらかいので高齢者でも食べやすく、介護食、災害食での食物繊維摂取や、従来なかった新しい消費の創造が期待されています。

画像:大麦アイスの試作品